今月24日に、配車センターでお客様やドライバーとのやりとりをしているオペレーターの皆さんが、金沢市内観光地の観光研修を行いました。ベテランの観光ガイドタクシー乗務員からひとつひとつ説明を受け、またお客様をご案内する上での苦労を聴くことで、観光タクシーのあり方が分かります。
この研修は2つの大きな意味合いがあります。ひとつは、今の観光地の様子がわかり、お客様のお問合せに答えやすくなること、もうひとつは乗務員に待ち合わせ場所やタクシーの待機場所などをより正確に伝えやすくなることです。立場の違いで誤解が生じることのないよう、お互いの様子を知ることは大切な研修の一部です。

そして、この研修を通して次のような感想を述べています。
1.3時間での観光はかなり駆け足。時間が足りないと思った。
2.お年寄りや足の不自由な方には5時間ぐらいでの観光をお勧めしたいと思った。
3.買い物が好きな女性のお客様には、ひがし茶屋街でもっと時間をとった観光をお勧めしたい。
4.乗務員の観光のスキルアップは大変重要な要素だと思った。
5.40代以上の「おとなの女子旅」なんて企画を打ち出したら面白いのではないかと思った。
などなど、たくさんの意見が出ていました。

image2image4