弊社の「商品力」として大きいのは、乗務社員の中で「観光ガイドができるドライバー」が多いことです。その観光ガイドの力を養っているのが、「観光研修」です。
今回は6月12日に約9時間を掛けて(それでもだいぶ急ぎ足)、新人を含む9人がベテランの乗務社員の指導の下、近年金沢からの観光希望が多い「飛騨高山」「上高地」の観光研修を開催しました。
現地観光地の案内もさることながら、参加された皆さんが口々に報告していたのが移動中の車内での会話。
トンネルの多い移動では特に移動中の土地の話題、特徴、見どころや魅力などを説明できる知識量と、お客様の疲れ具合を把握しての「会話と休息のバランス」の大切さ。そして、お客様がどんなことに興味を持たれるのかを、短い質問などで把握しての会話内容など、ガイドならではのテクニックを身につけなくては、と強く実感したそうです。
またこの研修で、「石川近鉄タクシー」の観光ガイドがレベルアップしたと思える有意義な研修でした。
jin-ya1
nakabashi1
kamikochi-p
kappa1