ishikawakintetsu

石川近鉄タクシーってどんな会社

イベント

18 7月

観光研修でガイド力を磨く(飛騨高山・上高地編)

弊社の「商品力」として大きいのは、乗務社員の中で「観光ガイドができるドライバー」が多いことです。その観光ガイドの力を養っているのが、「観光研修」です。
今回は6月12日に約9時間を掛けて(それでもだいぶ急ぎ足)、新人を含む9人がベテランの乗務社員の指導の下、近年金沢からの観光希望が多い「飛騨高山」「上高地」の観光研修を開催しました。
現地観光地の案内もさることながら、参加された皆さんが口々に報告していたのが移動中の車内での会話。
トンネルの多い移動では特に移動中の土地の話題、特徴、見どころや魅力などを説明できる知識量と、お客様の疲れ具合を把握しての「会話と休息のバランス」の大切さ。そして、お客様がどんなことに興味を持たれるのかを、短い質問などで把握しての会話内容など、ガイドならではのテクニックを身につけなくては、と強く実感したそうです。
またこの研修で、「石川近鉄タクシー」の観光ガイドがレベルアップしたと思える有意義な研修でした。
jin-ya1
nakabashi1
kamikochi-p
kappa1

18 2月

「ホスピタリティ 力」向上セミナー

バレンタインデーの2月14日(火)に、内勤者、乗務員ともに接遇マナーを向上させようと、本社2階大会議室において「ホスピタリティ 力(りょく)」向上セミナーを開催しました。
石川県No.1のコンシェルジュとしてさまざまな役職をお持ちの、ホテル日航金沢のコンシェルジュ課課長「小島久枝」様を講師にお迎えして、ロールプレイによる自己分析などを取り入れた、充実の研修ができました。お話しのテンポや、気付きのポイントなど、飽きることなくあっと言う間に90分の研修が終了。参加者からは「とても為になった」「楽しかった」「アッと言う間に過ぎた」などたくさんの声が聞かれました。
西川社長も初めから最後まで参加されて、「良い研修ができた」と納得されていました。仕事中などで参加できなかった他の社員の皆さんにもその研修を見てもらえるように、ビデオ鑑賞ができるようにしています。
kenshu1s
28 5月

配車センターの内勤者も観光研修をします。

今月24日に、配車センターでお客様やドライバーとのやりとりをしているオペレーターの皆さんが、金沢市内観光地の観光研修を行いました。ベテランの観光ガイドタクシー乗務員からひとつひとつ説明を受け、またお客様をご案内する上での苦労を聴くことで、観光タクシーのあり方が分かります。
この研修は2つの大きな意味合いがあります。ひとつは、今の観光地の様子がわかり、お客様のお問合せに答えやすくなること、もうひとつは乗務員に待ち合わせ場所やタクシーの待機場所などをより正確に伝えやすくなることです。立場の違いで誤解が生じることのないよう、お互いの様子を知ることは大切な研修の一部です。

そして、この研修を通して次のような感想を述べています。
1.3時間での観光はかなり駆け足。時間が足りないと思った。
2.お年寄りや足の不自由な方には5時間ぐらいでの観光をお勧めしたいと思った。
3.買い物が好きな女性のお客様には、ひがし茶屋街でもっと時間をとった観光をお勧めしたい。
4.乗務員の観光のスキルアップは大変重要な要素だと思った。
5.40代以上の「おとなの女子旅」なんて企画を打ち出したら面白いのではないかと思った。
などなど、たくさんの意見が出ていました。

image2image4

12 1月

「2016年旗開き・新春の集い」(労組主催の新年会)開かれる!

DSC_0529DSC_0534
1月9日(土)、金沢駅前のANAクラウンプラザホテル金沢で、石川近鉄タクシー労働組合主催の「2016年旗開き・新春の集い」が開催されました。初めに中(なか)労働組合執行委員長の挨拶、続いて山根社長の挨拶、さらに労組上部団体、連合推薦の議員など、ご来賓の方々の挨拶が続き、いよいよ乾杯!
このあとは無礼講の新年会です。昨年秋以降は新入社員も多く、ここぞと、先輩諸氏にいじられながらも、和気藹々で盛り上がりました。「今年も去年に劣らぬ頑張りを!」と意を決した一日でした。
ギャラリー
  • 観光研修で「鈴木大拙館」を訪問しました。
  • 観光研修で「鈴木大拙館」を訪問しました。
  • 観光研修で「鈴木大拙館」を訪問しました。
  • 観光研修で「鈴木大拙館」を訪問しました。
  • AI(人工知能)を使って、タクシー需要を予測するシステム
  • 貴方も近鉄グループの一員になりませんか!
  • 観光研修でガイド力を磨く(飛騨高山・上高地編)
  • 観光研修でガイド力を磨く(飛騨高山・上高地編)
  • 観光研修でガイド力を磨く(飛騨高山・上高地編)